メインメニュー
 

名刺作成業者比較

語句
価格 円〜円  100枚あたり両面印刷の価格
デザイン 既定デザイン オリジナルデザイン 複数選択可
普通紙 和紙 プラスチック 複数選択可
オプション 似顔絵 写真 QRコード 点字 複数選択可
珍しい名刺 ジャンルが確立されていない名刺、たとえば本型の名刺など
納期日以内 業者によりコース毎に納期が異なる場合があります。その場合は最短の納期で検索されます
印刷のみ 印刷のみを業者に依頼されたい場合はここにチェックを入れてください

それぞれの業者のイメージ画面をクリックすると、評価やコメントを閲覧できます。


RSS/ATOM 記事 (10)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

荷物の受け取りに関して  from 海外旅行 空の旅のトラブル大丈夫?  (2013-3-18 18:07) 
入国審査を終えたら、Baggage Claimの表示に従って進み、受託手荷物を受け取りに行きます。自分が利用した便名の表示されているターンテーブルの周りに立って、自分の荷物が出てくるのを待ちます。そして、出てきたらピックアップします。なお、空港内には カートが用意されています。荷物が重たい場合には、近くまで持ってきておきましょう。また、自分のスーツケースとよく似たバッグもあります。荷物に付けられたタグと 日本でのチェックイン時に受け取ったクレームタグ(荷物引換証)を、必ず照合するようにしてください。もし間違って他人の荷物を持っていってしまうと、返却の際の輸送費など かかった実費が請求されることがあります。ご注意を。ピックアップした荷物は、破損している部分があったり 中身が出ていたりしないかを確認します。そして、荷物のタグとクレームタグを係員に見せて、OKをもらいます。ただし、空港によっては クレームタグのチェックをしていないところもあります。その場合には、荷物をピックアップしたら そのまま税関へ向かいます。
税関申告の手続きについて  from 海外旅行 空の旅のトラブル大丈夫?  (2013-3-18 18:05) 
入国審査を終え 荷物を受け取ったら、次は 税関申告です。Customに向かって手続きをしますが、国によって その仕方は異なります。窓口が、Declare(申告あり)と Nothing to Declare(申告なし)に分かれていることがあります。そして 分かれている場合には、申告ありが赤いランプで 申告なしが緑のランプで表示されていることが多いです。窓口が分かれている場合には、自分に合った方へ進み、税関申告書を係官に提出します。ただし、国によっては申告書が不必要なところもあります。また、申告する品物があるかどうかを聞かれることもあります。何もない場合には、「Nothing to declare.(申告するものは何もありません)」と答えます。
持込制限は事前に確認を  from 海外旅行 空の旅のトラブル大丈夫?  (2013-3-18 18:04) 
税関での手続きは 国によって異なりますが、セキュリティや密輸などに対して厳しい国では バッグを開けて中身までチェックされることがあります。そして、カメラ,時計,電気製品などは 包装が未開封の状態だと、販売目的とみなされて課税される恐れがあります。自分で使うものであるなら、包装は取り除いておきましょう。もしお土産や依頼品の場合には、その旨を伝えて 中身や購入価格を知らせます。加えて、持ち込み禁止品の所持には 気を付けなければなりません。麻薬,けん銃,ポルノなどは、どの国でも禁止されているので 問題ないことでしょう。それよりも、日本では問題ないものが 禁止されていることがあります。例えば、アルコール類です。イスラムの国で禁止されており、没収されてしまうことがあります。また、食品が 食物検疫に引っ掛かることもあります。出発前に、持込制限と禁止品リストを確認しておきましょう。
税関でのトラブル事例と対策  from 海外旅行 空の旅のトラブル大丈夫?  (2013-3-18 18:02) 
【事例】自分で使うパッケージ未開封の新品のカメラを持ち込もうとしたら、販売目的とされて課税されてしまいました。【対策】このケースは、未開封=売るつもりがある と見なされたから。回避するためには、自分の携行品は必ず包装から出しておくことです。もし開封し忘れていた場合には、その場で包装を取り除いて、自分が使う旨を伝えましょう。【事例】現地の友人へのプレゼントを持ち込んだら、包装を乱暴に開封され そのまま突き返されました。【対策】包装を破られないためには、できるだけ中身が分かる状態にしておくといいです。そのうえで、お土産であることを伝え、購入価格などを知らせます。【事例】持っていたバッグが有名ブランドのコピーだったので、没収されてしまいました。【対策】偽ブランド品は、世界各国共通で持ち込が禁止されています。ですから、偽ブランドではないバッグで出かけます。【事例】現地での夜のお酒のおつまみとして サラミとチーズを持ち込もうとしたら、没収されてしまいました。【対策】食品に対して厳しい規制を設けている国も少なくありません。食肉加工品や乳製品などが 持ち込み禁止になっていないか、出発前の準備の段階で ...
空港での置き引き対策  from 海外旅行 空の旅のトラブル大丈夫?  (2013-3-18 18:00) 
空港には さまざまな危険が潜んでいますが、中でも一番遭遇しやすいのが 荷物の置き引きです。「重いからスーツケースを盗む人はいないだろう」と考えがちですが、簡単に持ち去れてしまうことも珍しくありません。小さなバッグなら なおのことで、ちょっとした隙に 取られてしまいます。ですから、手続きの際などは、必ず手で抱えるようにしてください。あるいは、足で強く挟んでおきましょう。また、団体ツアーでは、手続きの間は 荷物を一カ所にまとめて置いておくことがあります。添乗員が見張っているとはいえ、自分の荷物は自分で責任を持って管理するようにしてください。そして、どうしても人に預けなければならない時は 信頼できる人に頼みましょう。
どうする?ロストバゲージ  from 海外旅行 空の旅のトラブル大丈夫?  (2013-2-4 17:52) 
稀に、いつまで待っても 荷物が出てこないことがあります。そうした事態に遭遇した際には、クレームタグを係員に見せて 探してもらいます。それでも見つからなった場合には、ロストバゲージとして Lost Baggageカウンターで手続きをします。そして空港を離れる際には、ホテルなど見つかった荷物の送付先を 航空会社側に伝え、担当者の名前と連絡先を控えておいてください。ロストバゲージの原因としては、荷物の積み込みが間に合わずに 後続の便に積まれたケースと 誤って別方面の便に乗せられてしまったケースが考えられます。いずれのケースも 多くの場合、その日のうちに あるいは数日後には、荷物が戻ってきます。そして、航空会社から 当面の身の回り品購入代として 現地通貨で数千円分が渡されることが多いです。また、簡単なお泊りキットなどをくれることもあります。ですから、冷静に対処しましょう。とはいえ、運が悪ければ、荷物が見つからないこともあります。その場合には、中身の総額にかかわらず 5万円程度までの補償金が支払われます。ただ、抗議によって 補償条件が変わることもあるので、粘り強く交渉してみるといいでしょう。なお、バッグや中身が壊れ ...
税関申告・検疫について  from 海外旅行 空の旅のトラブル大丈夫?  (2013-2-4 17:50) 
入国審査を終え 荷物を受け取ったら、次は 税関申告です。Customに向かって手続きをしますが、国によって その仕方は異なります。窓口が、Declare(申告あり)と Nothing to Declare(申告なし)に分かれていることがあります。そして 分かれている場合には、申告ありが赤いランプで 申告なしが緑のランプで表示されていることが多いです。窓口が分かれている場合には、自分に合った方へ進み、税関申告書を係官に提出します。ただし、国によっては申告書が不必要なところもあります。また、申告する品物があるかどうかを聞かれることもあります。何もない場合には、「Nothing to declare.(申告するものは何もありません)」と答えます。
入国手続ってなにするの?  from 海外旅行 空の旅のトラブル大丈夫?  (2013-2-4 17:47) 
飛行機が滑走路に着陸すると、乗務員から飛行機を降りる指示があります。座席や荷物棚に忘れ物がないか確認してから、降りるようにしてください。特に 前部のシートポケットに入れた物は見落としがちなので、注意が必要です。飛行機を降りたらArrivalの表示に従って進み、入国手続きをします。空港の規模や造りに関係なく、一連の流れは世界共通となっています。到着(Arrival)→検疫(Quarantine)→入国審査(Immigration)→荷物受取(Baggage Claim)→関税(Customs)→到着ロビー(Arrival Lobby)の順です。なお、飛行機からターミナルビルへは、ボーディングブリッジで直接渡る場合と バスで向かう場合があります。また 検疫は、現在では ほとんどの国で手続きを省略しています。
入国カード・税関申告書の書き方  from 海外旅行 空の旅のトラブル大丈夫?  (2013-2-4 17:45) 
入国に必要な書類として、入国カードがあります。国によっては不要なところもありますが、現地空港の入国審査の際に パスポートと一緒に審査官に手渡します。たとえ家族であっても、1人1枚必要です。入国カードは、機内で客室乗務員から配られます。もし機内でもらい損ねても、空港の入国審査場に同じものが置かれているので、慌てることはありません。そして 形式は、どの国へ入国する場合でも ほぼ共通しています。入国カードには、入国者の氏名,生年月日,旅券番号,航空機の便名などを、ローマ字のブロック体で記入していきます。記入の仕方が分からない場合は、客室乗務員や添乗員に聞けば 教えてもらえます。なお、職業欄への記入は、無職・フリーター・アルバイトであっても 会社員などとしておくのが無難です。
トランジット・トランスファーとは  from 海外旅行 空の旅のトラブル大丈夫?  (2013-2-4 17:42) 
ヨーロッパに向かう場合、目的地まで直行で行かずに 南回りや北回りで他の都市を経由して向かうことがあります。こうした 途中の空港にいったん着陸することを、トランジットと言います。そして トランジットの際には、燃料や食料・水を補給したり 乗務員の交代があったり 飛行機の整備や機内の清掃が行われたりします。これらに要する時間は 30分から1時間で、乗客は 機内で待つ場合もあれば 空港内のトランジットルームで待つ場合もあります。トランジットルームで待つ場合には、機内アナウンスに従って飛行機を降り、その際 トランジットカードを受け取ります。そして、Transitの表示に従って空港内のトランジットルームへ向かいます。トランジットルーム周辺には、軽食や飲み物を販売する店 場合によっては免税店を設けている空港もあるので、そこで時間を潰すこともできるでしょう。再搭乗時間がきたらアナウンスがあるので、トランジットカードを係員に渡して再搭乗し、同じ座席に座ります。なお、飛行機をいったん降りる際には、清掃員が入るので 足元や座席にある荷物を頭上の荷物棚に入れておいてください。また、パスポートや現金など 貴重品の放置にも要注意です。



無料名刺業者登録
名刺業者登録を無料で出来ます。
無料店舗登録はこちらから。
名刺ナビ無料店舗登録