メインメニュー
 
「最後の切り札」という言葉あるけれど、ビジネスマンにとって名刺は「最初の切り札」というのがぴったりの表現だと思う。最初のきっかけ作りは、まず名刺からだ。使い方によっては、次のステップへの架け橋になる。

「もっと話をすると面白いかもしれないな」と含みを期待させる名刺の内容。それが大切なのである。

どんなに世の中がインターネット社会になろうと、ビジネスマン同士が顔を合わせたとき、いちばん最初にとる行動は名刺交換である。これはアメリカのビジネス社会にも伝染しつつある。以前は帰り際に、「なにか連絡があればここに」とビジネスカードを渡したものだが、いまや日本人と同じになった。

日本人の場合、面白いことに「○○会社にお勤めですか?」と、名刺を見たのだからわかっているのにわざわざ確認する。こんなきっかけからコミュニケーションがスタートするのが定型になっているようだ。
ということは、ベストの名刺とはお互いにコミュニケーションできるチャンスをたくさん生み出してくれる名刺ということがわかる。

プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
『「モノ」を売るな!「体験」を売れ!』
コンテンツのトップ


PR
無料名刺業者登録
名刺業者登録を無料で出来ます。
無料店舗登録はこちらから。
名刺ナビ無料店舗登録
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アンケート
『名刺ナビ』はあなたのお役に立てましたか?
役に立ったからまた使いたい!
少し役に立った。
いまいち。もう使わない。
どれでもない。