メインメニュー
 

印刷(2) 印刷の色について

印刷会社のホームページ等では、CMYK色印刷といった表示があります。

イラストレータ等のソフトの場合には、標題付近にRGBとかCMYKという表示があります。
一体何なんでしょうか。

簡単に言うと、CMYKは、C色とM色とY色とK色を混ぜ合わせて目的の色を作るのです。
RGBは、R色とG色とB色を混ぜ合わせて目的の色を作るのです。

CMYKの場合は、C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)の4原色から成立しています。
そのため、フルカラー印刷のことを4色(4C)印刷と呼んだりもします。
これらの4原色のインキを掛け合わせて刷り重ねるとさまざまな中間色が得られるわけです。
プロが創る印刷物の場合、ほとんどの場合、CMYKの4原色で色は再現されます。

それに対し、パソコンのモニタ表示等で使われる色は、光の3原色と呼ばれているRGBで表現されており、印刷表現とは異なります。
RGBのデータをそのまま出力すると、プリンタや出力機の判断で濁った色に変換されてしまいます。
なので、印刷業者からRGBのデータはCMYKに変換してくださいと言われることがあります。

しかし、RGBとCMYKはもともと異なる色の表現をするのですから、変換時に色が変わります。
この場合、色調補正などで調整することができます。
(ベストは、データ作成の段階からCMYKにしておくことです)

しかし厄介な問題もあります。
例えば、Microsoft Officeや一太郎などビジネス系全般ソフトは、RGBカラーが基調となっています。
従って、印刷カラーであるCMYKには対応していないのです。
この場合には、どうしても色差が生じます。
特に、発色の強いグリーンやブルーは色が大きく変わってしまいます。

例えば、ワードで作成したデータをプリンタでRGB印刷する場合と、そのデータをそのままプロの印刷業者に頼んで印刷する場合では、大きな色差が生じる原因につながるのです。
こればかりは現実として受け止めて、色差の発生を前提に考えられるのがベターではないでしょうか。

プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
印刷(1) 印刷の種類
コンテンツのトップ 次のページ
縦型の名刺か横型の名刺か
PR
無料名刺業者登録
名刺業者登録を無料で出来ます。
無料店舗登録はこちらから。
名刺ナビ無料店舗登録
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アンケート
『名刺ナビ』はあなたのお役に立てましたか?
役に立ったからまた使いたい!
少し役に立った。
いまいち。もう使わない。
どれでもない。