メインメニュー
 

名刺の用紙

業者に頼む場合には、サンプルを送ってくれる業者が比較的たくさんあります。
それを実際に見て、紙の質感や印刷の色などを確認して、自分の気に入った用紙を使うとよいでしょう。
ここでは、名刺の用紙についての基礎知識を書きます。

【重量=厚さ】
印刷会社の名刺見本には「○○kg」といった表示がありますが、これは1000 枚あたりの重量のことをいいます。
この数字が大きくなるほど、紙が厚くなります。名刺の紙の選定ですが、どのようなデザインの名刺なのかによって基準は変わってきます。
あくまで参考までにですが、名刺の紙選定についてお伝えします。
160kg は標準。厚い紙の名刺にしたい場合は180kg や200kg を選びます。
しかしあまり厚いと名刺入れにあまり入らないので注意してくださいね。

【紙の種類】
紙の種類はたくさんありますが、たいていコート紙とマットコート紙が多く使われています。
簡単にコート紙とマットコート紙の違いをいうと、コート紙はつやがある紙、マットコート紙はつやがない紙です。
コート紙は、ポスターやパンフレット、カタログなどで使われており、写真の見映えがいいですね。
マットコート紙は、光沢感を抑えるので、高級感を感じさせます。ただし、印刷後の名刺は色が沈んでしまう傾向があるので気をつけましょう。また、インクの乾きが遅い分、納期は遅れるので気をつけてください。


プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
名刺のサイズ
コンテンツのトップ 次のページ
印刷(1) 印刷の種類
PR
無料名刺業者登録
名刺業者登録を無料で出来ます。
無料店舗登録はこちらから。
名刺ナビ無料店舗登録
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アンケート
『名刺ナビ』はあなたのお役に立てましたか?
役に立ったからまた使いたい!
少し役に立った。
いまいち。もう使わない。
どれでもない。