メインメニュー
 

Step5 名刺のデザインを考える

デザインは作る人のセンスがものをいってしまうところが相当大きい割合を占めるため、一番言葉で説明するのが難しい部分です。
それでも頭に入れておくと便利なことがありますのでそれをお伝えします。
(上手に作る方法は、きれいな名刺を作るには他の方からもらったいい名刺を真似てみましょう。)

ここでは「色」の与える印象、「フォント」の与える印象、「レイアウト」について説明していきます。

【色】
色によって与える印象は大きく変わってきます。
名刺に作成するときに使う色を決める上で、役立つ色彩のポイントを紹介します。

名刺にどんな色をつかうといいでしょうか?

まず意識したいのは、コーポレートカラーです。
コーポレートカラーとは「企業のイメージカラー」のことです。

会社のロゴをお持ちの方はそのロゴの色が会社のコーポレートカラーであることが多いです。

例えば、
ファミリーマートの緑、丸井の赤やダイエーのオレンジなんかがそうです。
大学で言えば、早稲田大学のえんじ色や明治大学の紫色などです。

会社の名前を聞くと色がイメージできますよね。
コーポレートカラーの印象付けができているということは会社の印象付けにも役立っているということです。

これを名刺作成時にも活用しましょう。

「コーポレートカラーなんてない。」「これから決める。」という場合、会社や製品、サービスにあったイメージから色を決めましょう。

また、個人の名刺を作る場合には、自分のイメージカラーを
逆に色から自分のイメージを与えるという使い方もありです。

例えば、自分が人見知りしちゃう場合に、親しみやすさを出すためにオレンジ色を使うなどもいいかもしれません。

代表的な色のイメージを書きました。

色から受けるイメージを把握したうえで、使う色を決めて、会社のイメージに合った色で作成しましょう。

☆★☆★☆ 色の与えるイメージ ☆★☆★☆

【赤】● 
◆ 愛、情熱、派手、激しい、命、高いエネルギー、勇気、晴れやか
【黄色】●
◆ 明るい、元気、無邪気、おおらか、楽観的

【オレンジ】●
◆ 活発、明るい、陽気な、親しみやすい、暖かい、健康的、若々しい、元気、おいしい(食欲アップ)
ピンク】●
◆ 優しい、可愛い、穏やか、素直、子供らしい、柔らかい、女性的、甘い
【青】●
◆ 清潔、さわやか、冷静、冷たい、知的、おとなしい、男性的、マジメ、理性、沈静、信頼、静か、落ち着き、誠実
【緑】●
◆ 自然、ナチュラル、癒し、安らぎ、のどか、新鮮、和み、安心、安全

【茶色】●
◆ 大地、田舎、穏やか、地味、渋い、素朴、落ち着き、暖かい、安心感、伝統、古典的、丈夫、
【紫】●
◆ エレガント、高貴、気品、セクシー、神秘的、大人っぽい、神聖、ミステリ

【白】○
◆ 清潔、純粋、清らか、無垢
【黒】●
◆ 暗い、高級、フォーマル、強い、硬い、思い、孤独、男性的、不安
プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
Step4 紙のサイズを決める
コンテンツのトップ 次のページ
Step5-2 デザインを考える(2)文字
PR
無料名刺業者登録
名刺業者登録を無料で出来ます。
無料店舗登録はこちらから。
名刺ナビ無料店舗登録
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アンケート
『名刺ナビ』はあなたのお役に立てましたか?
役に立ったからまた使いたい!
少し役に立った。
いまいち。もう使わない。
どれでもない。