メインメニュー
 

デザインは自分で印刷は業者

デザインは自分で行い、印刷は業者にお願いする場合について必要な項目を整理しました。

■名刺作成に使うソフト
印刷を業者に依頼する場合は使えるソフトが限られてしまいます。
印刷のみをお願いする場合はIllustratorによる入稿が一般的です。
Microsoft Officeによる入稿が可能な業者もあります。(データ変換料が必要な場合があります)

・Illustrator
Adobe社が販売しているIllustratorです。
ソフト自体の価格が8〜10万円します。
また、操作も難しいため、素人にはハードルが高いソフトと言えるでしょう。

・Mixrosoft Office
Microsoft WordやMicrosoft PowerPointを使って作る方法です。
使う用紙に余白の設定値などが書いてあるので、それを参考に作成しましょう。ちなみに1枚の名刺のサイズは55mm×91mmです。
冒頭でも記述のとおり、Microsoft Officeによる入稿が可能な業者もあります。(データ変換料が必要な場合があります)

・フリーソフト
ラベル屋さんHOMEなどで配布している無料ソフトを利用する方法です。
パワーポイントと同じ感覚で名刺作成ができます。
印刷業者で扱ってくれる業者はないようです。(2009年1月時点)

・名刺作成専用ソフト
名刺作成ソフト らくらく名刺館」、「名刺郎」、「勝てる名刺」、などがあります。印刷業者で扱ってくれるかどうかは個別に問い合わせてください。

■名刺に盛り込む内容について
上手な名刺の作り方もご参照ください。

■業者選択について
印刷業者ごとに取り扱っている印刷機や用紙が異なるため、仕上がりには違いがあります。
無料でサンプルを送ってもらえる業者もありますので、そういったサービスを利用するのもいいかもしれません。
また、業者ごとに納期や印刷料金がかなり異なります。
業者選択の際には、名刺作成業者比較をご利用ください。(無料です)
Officeによる入稿を希望の場合は、キーワードの入力欄に「Office」と入力ください。



プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
できる名刺の作り方
コンテンツのトップ 次のページ
自分でデザインも印刷も行なう
PR
無料名刺業者登録
名刺業者登録を無料で出来ます。
無料店舗登録はこちらから。
名刺ナビ無料店舗登録
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アンケート
『名刺ナビ』はあなたのお役に立てましたか?
役に立ったからまた使いたい!
少し役に立った。
いまいち。もう使わない。
どれでもない。