メインメニュー
 

できる名刺の作り方

できる名刺の作り方は、
◆できる名刺にするための中身の作り方

◆実際に作成作業は作成業者に頼むか自分で作るか、またそれぞれの方法で作成する際に考えなければいけないことや注意すること
の2つに分けてできる名刺の作り方としてご紹介いたします。

<Link>
できる名刺にするための中身の作り方
具体的に作り方をどうするか(作成作業や印刷などについて)
   デザインも印刷も名刺作成業者に依頼する。
   デザインは自分で作成し、印刷は名刺作成業者に依頼する。
   デザインも印刷も自分で作成する。

≪いつでも1.75%還元≫高還元率クレジットカード登場!
できる名刺にするための中身の作り方
できる名刺にするための中身の作り方は、5つのステップに分けてご説明いたします。

Step1 名刺の役割を明確にする
そもそも名刺を使って何をやりたいのかについて考え直します。初対面の方と名刺交換を通じて相手と今後どうしていきたいのでしょうか。ただ挨拶だけできればそれで満足ですか?名刺交換を通じて信用されたり、ビジネスチャンスが広がるのを期待しますか?そのあたりを考えていきます。

Step2 目的達成の手段を考え
Step1で考えた名刺の役割に基づき、その目的を達成するためにはどうしたらよいかの手段を考えます。

Step3 名刺に入れる項目
さて、ここからは具体的に名刺に盛り込む項目についてです。
一般的な項目だけを載せればいいというわけではありません。
Step2まで考えたことで、その人だけの名刺に入れなければならない項目もできたかもしれません。そのあたりも考慮に入れた上で、名刺に入れる項目を整理します。

Step4 紙のサイズを決める
名刺のサイズは通常55mm×91mmですが、2つ折りや3つ折りにすることで名刺に載せることができる情報は増えます。Step3で入れるべき項目が整理できたので、それを載せることができる用紙のサイズを選びます。

Step5 デザインを考える
最後にデザインを考えます。色の選び方やフォントの選び方について解説します。

名刺作成作業と印刷について


自分で作る場合と業者に頼む場合の特徴(メリット・デメリット)を以下に整理します。

<<デザイン編>>
自分で作る 名刺作成方法 業者に頼む
製作コストが安い
自分の思い通りに作れる
内容の変更が簡単にできる
メリット 用紙が選べる
文字の書体が豊富
デザインのセンスが良い
仕上がりがきれい
手間がかからない
手間がかかる
仕上がりが素人っぽくなる
デメリット 自分のイメージしているのものがない場合がある
内容の変更が難しい


<<印刷編>>
自分で作る 名刺作成方法 業者に頼む
印刷コストが安い
一度に必要な枚数だけ作れる
メリット 用紙が選べる
文字の書体が豊富
紙質がいい
仕上がりがきれい
自分の作業の手間がかからない
手間がかかる
用紙の選択肢が少ない
2つ折り、3つ折りの名刺を作るのが難しい
市販の用紙を使う場合、用紙の周囲がギザギザになってしまう
仕上がりが素人っぽくなる
デメリット 制作コストが高い
時間がかかる
業者を選択する必要がある



プリンタ出力用画面
友達に伝える

コンテンツのトップ 次のページ
デザインは自分で印刷は業者に


PR
無料名刺業者登録
名刺業者登録を無料で出来ます。
無料店舗登録はこちらから。
名刺ナビ無料店舗登録
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アンケート
『名刺ナビ』はあなたのお役に立てましたか?
役に立ったからまた使いたい!
少し役に立った。
いまいち。もう使わない。
どれでもない。